介護事務管理士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 介護 » 介護事務管理士

介護事務管理士

介護事務管理士は、介護報酬を算定する仕事に従事する、介護事務の知識と技能を身に着けたスペシャリストです。介護施設などに勤務して、介護ビジネスをささえる重要な役割をにないます。

資格詳細
介護サービスを提供するさまざまな事業所で、事務スタッフとして活躍する介護事務管理士。介護に関するレセプト業務(費用の請求)をはじめ、居宅介護支援事業所のケアマネジャーのサポートをしたりもします。一般に、介護は体力のいる仕事として知られていますが、事務職の介護事務管理士はデスクワークが主体なので、中高年になっても変わらず働き続けることができるのが大きなメリットです。

活躍場所
介護事務管理士は、介護施設やホームヘルパー派遣業者などの介護関連の事業所に勤務し、介護保険の請求手続きのほか、ケアマネジャーのサポートとして各種書類の作成や電話対応など、さまざまな事務を担当します。介護施設では受付をすることもあり、介護サービスの利用者やその家族への応対など、単なる事務職とちがって人と接する機会の多い職場です。日本全国どこにでも介護施設はあり、要求される介護事務のスキルも変わらないので、介護事務管理士の資格があればどこに引っ越そうとも職場が見つけやすいというメリットもあります。

収入と将来性
よく言われているように、介護の世界は慢性的な人手不足に悩まされています。その上、業務の細分化が進んだことで、事務仕事を専門スタッフにまかせる事業所が増えてきました。そうして介護事務管理士の需要はますます高まっており、今後もこの傾向は続くと予測されます。正社員だけでなくパートタイムやアルバイト、派遣社員など、雇用形態が多様なのも事務スタッフのメリットであり、介護事務管理士は特に女性にとって末永く安定した職業になる資格です。

向いている人
介護事務管理士の業務の中心は書類仕事ですので、長時間のデスクワークが苦にならない人に向いています。また、各種書類の相手は公的な機関であり、正確かつ緻密な仕事が求められますので、持続的な集中力も不可欠な要素でしょう。こうした事務の適性だけでなく、介護の現場に勤務する以上、ホスピタリティも必要になります。特に受付も担当する場合には、お年寄りやその家族と接する機会が多いので、柔軟なコミュニケーションの能力も問われることになるでしょう。

取得方法
介護事務管理士は、技能認定振興協会が認定する民間資格です。試験は年6回(奇数月の第4土曜日)おこなわれ、受験資格は特にありません。介護の経験がなくても挑戦でき、育児にひと段落ついた主婦などに人気があります。試験内容は学科と実技からなり、学科では「法規」と「介護請求事務」の2つが試験範囲ですが、後者には「介護用語についての知識」も含まれます。実技は「レセプト点検問題」と「レセプト作成」で、実際にレセプト業務をおこないます。合格率は50%程度です。



介護事務管理士資格の難易度偏差値

偏差値47
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 介護事務管理士技能認定試験 合格
所轄・主催:
技能認定振興協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

介護事務管理士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

介護事務管理士試験概要

受験資格 不問
試験内容
学科試験:
マークシート形式10問
・法規
 介護保険制度、介護報酬の請求についての知識
・介護請求事務
 介護給付単位数の算定、介護報酬明細書の作成、介護用語についての知識

実技試験

・レセプト点検問題
・レセプト作成
合格率 45.4%
願書受付期間 試験月の前月下旬まで
試験日程 奇数月の第4土曜日
受験地 全国各地
受験料 5500円
合格発表日 試験日から1カ月以内
受験申込・問合せ 技能認定振興協会
〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1-12-17 久保田ビル6F
TEL 03-3864-3559 FAX 03-3864-5112
ホームページ 介護事務管理士
http://www.ginou.co.jp/kaigo/tabid/161/Default.aspx