二級建築士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


二級建築士

一級建築士ほど大きな建物は担当できませんが、アパートや個室住宅などの身近な生活空間をあつかえるのが二級建築士です。当然、需要は高いので、二級でも充分、独立して成功できます。

資格詳細
建築物の設計および監理のスペシャリストである建築士。日本の制度では、その国家資格が、一級、二級、木造に分かれています。二級建築士は、のべ面積500平方メートル未満の公共建築物、高さ13メートル以下の木造建築物、のべ面積30~300平方メートルで高さ13メートル以下の鉄筋コンクリート造などの建築物、のべ面積100平方メートルで3階建て以上の建築物など、小規模な建物を設計したり、工事監理をおこなうことができる資格です。一級の免許が国土交通大臣から発行されるのに対して、二級は都道府県知事から免許を受けます。

活躍場所
二級建築士の有資格者は、当然ながら建築業界で建築技術者として活躍する人がほとんどです。注文主からの依頼に応じて、建物の用途や規模、デザイン、構造、設備、予算、工期、立地条件、法律問題などに関する調査や打ち合わせを経て、適切な建築物を設計します。設計後は、設計図にもとづく詳細な行程計画をもとに工事が始まりますが、その行程が現場で正しく実行されているかどうかを確認したり、建築主への報告や施行者への指示をおこなったりする工事管理も、建築士の重要な仕事です。

収入と将来性
二級建築士は、住宅に代表される小規模建築を取り扱いますが、高度経済成長期と異なり、いまや住宅の建設需要は伸びなくなっています。しかし分譲住宅などの新築需要は横ばいに安定しており、昨今は安価な狭小住宅の人気やリフォームへの関心の高まりなど、ニーズの変化も見られます。将来性は暗くないと言ってよいでしょう。収入の面でも安定していますが、設計の経験を積んで実力が認められれば、独立開業してさらなる飛躍を目指すことも可能です。

向いている人
設計から工事監理まで、建築の全般に関わる建築士にとって、もっとも重要な能力は「計画力」です。どんなに素晴らしい建築物を設計したとて、それを現実に建てることができなければ意味がありません。物事を順序立てて組み立てられる合理的な思考を持った人に向いています。また、建築には想定外の事故や災害などで計画に狂いが生じることも珍しくないので、そうした事態に対処できる柔軟性もあわせ持っている必要があるでしょう。

取得方法
二級建築士の国家試験を受けるためには、建築関係の学校を出ていなければ、7年以上もの長い実務経験が必要になります。専門学校の建築工学科コースなどに通学して受験資格を得たほうが早いでしょう。また、大学の建築学科を修了することでも受験資格が得られます。試験では、まず4科目の学科試験に合格してのち、設計製図試験に進み、これも合格後、登録することで資格を取得できます。設計製図試験で不合格だった場合、翌年および翌々年の学科試験が免除されるので、再チャレンジがしやすくなっています。



二級建築士資格の難易度偏差値

偏差値56
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 二級建築士免許 取得
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

二級建築士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(優) 業務独占資格 ★★★★★ 独学 通学 通信

二級建築士試験概要

受験資格 学歴と実務経験年数により受験資格が与えられる。
・大学:0~2年以上(建築課程卒:0年・土木課程卒:2年以上)
・短期大学:0~2年以上(建築課程卒:0年・土木課程卒:2年以上)
・高等専門学校:0~2年以上(建築課程卒:0年・土木課程卒:2年以上)
・高等学校:3~4年以上(建築土木課程卒:3年以上)
・学歴なし:7年以上
・建築設備士:0年以上
試験内容
学科の試験

・学科I:建築計画
・学科II:建築法規
・学科III:建築構造
・学科IV:建築施工

設計製図の試験

・事前公表された設計課題についての設計製図
合格率 23.1%
願書受付期間
郵送・ネット:
3月下旬~4月上旬
受付に持参:
4月上旬~4月中旬
試験日程
学科の試験:
7月上旬
設計製図の試験:
9月中旬
受験地 各都道府県
受験料 16900円
合格発表日 12月上旬
受験申込・問合せ 公益財団法人 建築技術教育普及センター
〒104-0031 東京都中央区京橋2-14-1
TEL 03-5524-3105
ホームページ 二級建築士
http://www.jaeic.or.jp/2k.htm