資格の取り方 » 国家資格 » 工業 » 乾燥設備作業主任者

乾燥設備作業主任者

インスタントラーメンなどの食品や薬品の生産工場、自動車の塗装工場などには、大規模な乾燥設備があります。乾燥設備作業主任者は、それら大量の電力や燃料をもちいる設備および有害な溶液などの危険物をともなう設備にて、事故や健康被害を防止して作業者の安全を確保するための国家資格です。一定以上の規模の乾燥設備では、この有資格者の設置が法的に義務づけられています。資格は講習で取得できますが、実務経験が必要です。


乾燥設備作業主任者資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 乾燥設備作業主任者 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

2018年資格日程

願書受付
不明
試験日
2018年2月27日~2018年2月28日
2018年5月28日~2018年5月29日
合格発表
不明
※資格の級やレベルによって試験日程が変わる場合は、その資格の代表的な日程を掲載しています。
※試験開催地によって試験日等が異なる場合があります。
※資格の日程は弊社独自の調査結果になります。正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。

乾燥設備作業主任者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(可) 必置資格 ★★★★★ 講習

乾燥設備作業主任者試験概要

受験資格 ・満18歳以上
・5年以上、乾燥設備の設計等または取扱作業に従事した経験を有する者
・大学または高専において理科系の学科を卒業し、1年以上、乾燥設備の設計等または取扱作業に従事した経験を有する者
・高校において理科系の学科を卒業し、2年以上、乾燥設備の設計等または取扱作業に従事した経験を有する者
試験内容 講習内容
・乾燥設備およびその附属設備の構造および取り扱いに関する知識
・乾燥設備、その附属設備等の点検整備および異常時の処置に関する知識
・乾燥作業の管理に関する知識
・関係法令
・修了試験
合格率 試験なし
願書受付期間 都道府県により異なる
試験日程 都道府県により異なる
受験地 全国各地の講習機関
受験料 都道府県により異なる(10000円程度)
合格発表日 講習修了後
受験申込・問合せ 各都道府県の労働基準局、労働基準監督署、労働基準協会
ホームページ 公益社団法人 東京労働基準協会連合会:乾燥設備作業主任者技能講習会 ご案内(日程選択)
https://www.toukiren.or.jp/subject/guide.php?sub=7