一級建築士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク


一級建築士

建築士のなかでも、のべ面積500平方メートルを超す学校や病院、劇場、百貨店などにたずさわれるのは一級建築士のみです。この規模では、最先端の技術をもちいた巨大な建築物の設計から工事の監理をおこなうことになります。学科試験の合格者は、2年以内であれば、再受験の際には設計製図の試験だけを受けることができます。

資格詳細
建築統括者として建築物の設計および監理をおこなう建築士。数ある国家資格のなかでも特に有名な資格ですが、一級、二級、木造の3つに分かれており、一級建築士は最上位に位置する資格として大規模な建築も設計することができます。具体的には、学校や病院、劇場、映画館、公会堂、集会場、百貨店として利用される500平方メートルを超えるのべ面積の建築物、高さ13メートル(軒の高さ9メートル)を超える木造建築などです。また、上位の資格として「構造設計一級建築士」と「設備設計一級建築士」があります。

活躍場所
一級建築士は、主に建築士事務所や建設業、ハウスメーカーなどの専門企業に勤務したり、みずから事務所を開業したりして活躍しています。また、国土交通省や県および市などの地方公共団体、公団などの公共機関、民間企業の自社建物の建築や施設管理に関する部門などに勤めている人もいます。これらの職場で、基本設計および実施設計といった設計業務、工事が計画どおりに実施されているかを確認したり指示したりする工事監理業務などに従事します。

収入と将来性
一級建築士は、二級にくらべて収入面でも有利になります。特に独立開業において一級取得者は高く評価されるでしょう。関連業務の数も二級より豊富なので、仕事の幅が広がり、ビジネスチャンスにも恵まれています。バブル崩壊後の現在は、大規模な建築案件が減っている状況ですが、住宅を中心に建築士のニーズは維持されており、一級を取得していれば手広く仕事をこなすことができるので、さほど将来性についての心配はないでしょう。

向いている人
建築士にとってもっとも重要なのは、建築物の設計から完成までを見通せる現実的な計画力です。合理的な思考を持ち、物事を順序よく組み立てられる人に向いています。それと同時に、工事の監理においては、さまざまな想定外の事態が起きるので、柔軟に対処できる能力も求められます。さらに一級建築士の場合、指導的な立場になることも多いので、リーダーシップも必要になってきます。建築は大勢の人が関わる世界ですので、大規模なチームワークを統率する能力が問われるでしょう。

取得方法
一級建築士になるには、建築の専門教育を受けていない場合、7年以上の実務経験を積んで二級建築士の資格を取得後、さらに4年以上の実務経験が必要です。そのため、大学や専門学校などで建築学の教育を受け、受験資格の実務経験期間を短縮するのが普通です。それでも6年以上の実務経験は必要になります。しかも一級建築士の国家試験の合格率は1割程度という難関で、かなり険しい道のりとなる国家資格です。学校でよく勉強し、現場でまじめに経験を積むという、地道な努力が合格への近道になるでしょう。



一級建築士資格の難易度偏差値

偏差値66
難関

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 一級建築士免許 取得
所轄・主催:
国土交通省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

一級建築士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(優) 業務独占資格 ★★★★★ 独学 通学 通信

一級建築士試験概要

受験資格 学歴と実務経験年数により受験資格が与えられる。
・大学:2~4年以上(建築土木課程卒:2年以上)
・3年制短期大学:3~4年以上(建築土木課程卒:3年以上)
・2年制短期大学:4年以上(建築土木課程卒:4年以上)
・高等専門学校:4年以上(建築土木課程卒:4年以上)
・二級建築士:4年以上
・建築設備士:4年以上
※3年生短大は夜間部を除く
試験内容
学科の試験

・学科I:計画
・学科II:環境・設備
・学科III:法規
・学科IV:構造
・学科V:施工

設計製図の試験

・事前公表された設計課題についての設計製図
合格率 12.4%
願書受付期間
郵送・ネット:
4月上旬~4月下旬
受付に持参:
5月上旬~5月中旬
試験日程
学科の試験:
7月下旬
設計製図の試験:
10月中旬
受験地 各都道府県
受験料 19700円
合格発表日 12月中旬
受験申込・問合せ 公益財団法人 建築技術教育普及センター
〒104-0031 東京都中央区京橋2-14-1
TEL 03-5524-3105
ホームページ 一級建築士
http://www.jaeic.or.jp/1k.htm