ワインアドバイザー/ワインエキスパート - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 食品 » ワインアドバイザー/ワインエキスパート

ワインアドバイザー/ワインエキスパート

世界中で広く楽しまれているワインは、日本でも一般的なお酒であり、高級フランス料理だけでなく、街角の酒屋やコンビニでも目にすることができます。酒類業界で働く人を対象にしたワインアドバイザーは、ワインのスペシャリストを認定する試験に合格した人に与えられるプロ向けの称号です。一般のファン向けには、ワインエキスパートの認定試験が用意されています。どちらも実際にワインをテイスティングする実技試験があります。

ワインアドバイザー/ワインエキスパート資格の難易度偏差値

アドバイザー エキスパート
偏差値47 偏差値47
簡単
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ワインアドバイザー 取得
所轄・主催:
一般社団法人日本ソムリエ協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

ワインアドバイザー/ワインエキスパート資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 専門的資格(優) 特になし ★★★ 独学 公式テキスト

ワインアドバイザー/ワインエキスパート試験概要

受験資格
ワインアドバイザー

酒類の製造および販売、流通業、またはアルコール飲料をふくむ飲食に関する教育機関の講師、または列車内でのワゴン販売において、通算3年以上(会員歴2年以上の日本ソムリエ協会員は通算2年以上)の業務経験を有し、現在も従事している者

ワインエキスパート

20歳以上の者(職種・経験は不問)
試験内容
1次試験:
筆記試験
・公衆衛生の知識
・ワインを含む飲料の必須知識

2次試験:
実技試験
・テイスティング(きき酒)
・口頭試問(ワインアドバイザーのみ)
 ワインアドバイザーに関する接客の資質など
合格率 24.7%(アドバイザー)
願書受付期間 2月中旬~6月下旬
試験日程
1次試験:
8月中旬
2次試験:
9月中旬
受験地
1次試験

全国各地

2次試験

札幌・盛岡・仙台・東京・長野・名古屋・京都・大阪・岡山・高松・福岡・鹿児島・那覇
受験料 25200円
合格発表日 試験日から約2週間後
受験申込・問合せ 一般社団法人 日本ソムリエ協会 本部事務局
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町17-3 日本ソムリエ協会ビル4F
TEL:03-3256-2020 FAX:03-3256-2022
(土日祝祭日を除く 9:30~12:30 13:30~18:00)
ホームページ TOP | 一般社団法人日本ソムリエ協会
http://www.sommelier.jp/