レクリエーション・コーディネーター - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » スポーツ » レクリエーション・コーディネーター

レクリエーション・コーディネーター

いつまでも健康ですごすために「生涯スポーツ」の実践が求められる昨今、それを指導できる人材に対する社会的な需要は高まっています。日本レクリエーション協会が認定する「レクリエーション・コーディネーター」の資格は、まさにその立場で活躍できる人材を養成する民間資格。3年以上に渡る長期の講習が必要で、その間に3度の講習会と8回の課題レポート提出を経て、資格認定審査に合格することで資格を得ることができます。

レクリエーション・コーディネーター資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 レクリエーション・コーディネーター 登録
所轄・主催:
公益財団法人日本レクリエーション協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

レクリエーション・コーディネーター資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

レクリエーション・コーディネーター試験概要

受験資格 18歳以上でレクリエーション・インストラクター学習課程を修了した者、またはレクリエーション・インストラクターの学習を始めた者
試験内容 講習(通信教育)を受講して講習会への参加(3回)およびレポート課題の提出(8回)をおこない、資格認定審査に合格することで資格を取得できる(申請および登録が必要)。

講習内容
・レクリエーションに関する基礎的知識・支援技術(51時間)
・生涯スポーツに関する基礎的知識(40時間)
 身体活動やその指導法、生涯スポーツ推進等に関する学習。
・専門科目(70時間)
 レクリエーションに関わる事業や組織を運営するための学習。
・支援実習
 実際の対象者に向けた事業の企画・運営。
合格率 90%
願書受付期間 随時
試験日程 開講日から3年経過後の3月末日まで
受験地
通信課程:
自宅
講習会:
札幌・大阪
受験料
受講料:
50000円
講習会:
70000円(1回あたり)
受験料:
5142円
合格発表日 講習修了後、資格認定審査に合格することで取得
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本レクリエーション協会
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-20-7 水道橋西口会館6F
TEL:03-3265-1369 FAX:03-3265-1245
ホームページ レクリエーション・コーディネーター < マスターズ・オンライン - レクリエーション資格情報サイト
http://members.recreation.jp/license_09.php