メディカル クラーク(医療事務技能審査試験) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 医療事務 » メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)

メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)

診療報酬請求事務や受付などの技能を持つ人にあたえられる称号が「メディカルクラーク」です。全国統一試験である医療事務技能審査試験に合格することで、取得することができます。

資格詳細
「メディカルクラーク」とは、日本医療教育財団が実施する医療事務技能審査試験(厚生労働大臣認可)に合格した人にあたえられる称号です。この称号の名は同財団の登録商標になっています。病院に勤務する医師や看護師の負担を軽減するために、診療報酬明細書の作成などの事務作業を補助するのがメディカルクラークの役割で、この場合の「クラーク(clerk)」は「事務員」を意味します。

活躍場所
メディカルクラークは、医科および歯科などの病院、医院、診療所、そして保険薬局などが主要な職場になります。診療報酬明細書(レセプト)の作成が主な事務作業ですが、これは医師のカルテに基づいて診療費や薬代を点数化したもので、国や地方自治体、保険組合などに提出することで保険代分の医療費を受け取ることができます。ゆえにメディカルクラークは、病院経営の根幹をになう重要な役割と言えるでしょう。また、常勤の場合は、事務全般のほか、受付なども業務に含まれることがあります。

収入と将来性
勤務形態の広さから、特に結婚や出産を考えている女性にとって、働きやすいことで知られるメディカルクラークですが、反面、医療事務の仕事は給料が安いとも言われています。しかし、それは医療の現場の中で比較しての話です。パートやアルバイトでも、他の職種にくらべて収入面での遜色はありません。また、メディカルクラークには、正社員や独立開業の道もあり、キャリアに応じて収入の増加が望めます。医療事務の分野は供給過小の状態がつづいていますので、将来性も高く、経験を積めば積むほど収入も増やせる職業となっています。

向いている人
事務能力や計算能力ももちろん必要ですが、医療の現場で患者さんと接する仕事なので、看護師と同様、人あたりのよい人が好まれます。明るく思いやりがあり、また、間接的ながらも人の生命に関わる職業として責任感のある人が向いています。非常勤での求人も多いので、既婚や産後の女性でも働きやすく、実際、女性の転職先として人気があります。

取得方法
医療事務の資格はほかにもあり、さまざまな名称がありますが、「メディカルクラーク」の称号は、財団法人・日本医療教育財団が実施する「医療事務技能審査試験」でのみ取得できます。養成機関の通学または通信講座を受けてのち、資格試験を受けるのが普通です。試験の合格ラインは、学科と実技いずれにおいても70%以上の得点率です。合格率は6割ほどと、楽な試験ではありませんが、有資格者の就職率がとても高いことで知られる資格でもありますので、チャレンジしがいのある試験と言えるでしょう。



メディカル クラーク(医療事務技能審査試験)資格の難易度偏差値

偏差値45
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 メディカル クラーク(医療事務技能審査試験) 合格
所轄・主催:
一般財団法人日本医療教育財団
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

メディカル クラーク(医療事務技能審査試験)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

メディカル クラーク(医療事務技能審査試験)試験概要

受験資格 不問
試験内容 実技I:(50分)筆記(記述式)
・患者接遇

学科:(60分)筆記(択一式)
・医療事務知識

実技II:(70分)診療報酬明細書点検
・診療報酬請求事務
合格率 57.30%
願書受付期間 試験日の2カ月前~2週間前
試験日程 毎月下旬
受験地 各都道府県の公共施設など
受験料 6500円
合格発表日 試験日から約1カ月後
受験申込・問合せ 一般財団法人 日本医療教育財団
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代) FAX:03-3294-1787
ホームページ 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク?)|技能審査認定|日本医療教育財団
http://www.jme.or.jp/exam/mc/index.html