フードコーディネーター - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 食品 » フードコーディネーター

フードコーディネーター

「ヒト」「モノ」「コト」「情報」の各側面から総合的な「食」をプロデュースするスペシャリストがフードコーディネーターです。食品の開発やレストランのプロデュース、販促メディアなど、フードビジネスのさまざまな方面で活躍できます。資格取得には、独学でのチャレンジも可能ですが、協会指定の認定学校で学習することもできます。

資格詳細
フードコーディネーターは、およそ「食」に関することなら、どんな場面でも活躍できる職業です。その仕事は多岐に渡り、レストランをプロデュースしたり、飲食店の新メニューや食品メーカーの新商品の開発にたずさわったり、テレビの料理番組の企画や、映画やドラマの食事シーンの演出に関与したりもします。食材や食器の選定、メニューの企画や提案、そして調理や盛りつけ、テーブルセッティングに至るまで、「食」のトータルコーディネートができる能力を身につけているのがフードコーディネーターなのです。

活躍場所
フードコーディネーターの活躍は「食」に関わる分野において多方面におよびます。具体的な就職先としては、食品メーカーや商社、外食企業など。また、料理研究家などのアシスタントになって経験を積み、のちに独立するという道もあります。フードコーディネーターとして独立し、実力を示して有名になれば、前述のようにテレビや映画、雑誌などでの華々しい活躍も可能です。

収入と将来性
実際のところ、この資格を取ったからと言って、すぐにフードコーディネーターを専業として活躍できる可能性はほとんどありません。経験・実績が重要視される職種ですので、駆け出しの段階ではそれなりに苦労がともないます。独立を目指す場合には、料理研究家や先輩フードコーディネーターのアシスタントになって何年か経験を積む人が多く、当然その間の収入は厳しいものとなるでしょう。しかしながら、「食」に関する業界への就職・転職に、この資格が有利になるのはたしかです。また、すでにその業界で働いている人が、スキルアップのために取得するのも有効です。「食」は常に人びとの関心事であり、日進月歩の世界でもありますので、将来性については、まずまちがいなくあると言えるでしょう。ただちに収入に直結する資格ではありませんが、取って損はない資格です。

向いている人
「食」は第一にセンスの世界です。食べ歩くことが好きで、さまざまな飲食店をめぐり、料理だけでなく、その見せ方や店内の装飾にまで目が行き届くような感性を持っている人は、フードコーディネーターに最適です。そのセンスとともに豊かな表現力や創造力が求められます。また、新メニューや新商品の開発にたずさわる際には、食品の専門知識や調理技術だけでなく、流通やコストにも考えおよばなければなりません。経済的な思考ができるかどうかも、向き不向きに関わってきます。経済面をも含めて、「食」に対する全般的な関心を持てる人に向いていると言えます。

取得方法
フードコーディネーターの資格は、NPO法人の日本フードコーディネーター協会(FCAJ)が認定しています。1級から3級が用意されていますが、3級は、同協会の認定校を修了すると無試験で取得できます。一般の人は、試験を受けなければなりませんが、調理師や栄養士、管理栄養士、製菓衛生師の資格を持っていれば、試験科目の一部が免除されます。また、FCAJの会員は受験料が安くなります。任意で講習を受けることもでき、確実な合格を目指すなら、ぜひ受講しておきたいところです。なお、3級の合格率は7~8割ほどとなっています。



フードコーディネーター資格の難易度偏差値

1級 2級 3級
偏差値55 偏差値47 偏差値40
普通
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 フードコーディネーター資格認定試験○級 合格
所轄・主催:
NPO法人日本フードコーディネーター協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

フードコーディネーター資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(良) 特になし ★★★★ 独学 講習 公式テキスト

フードコーディネーター試験概要

受験資格
3級:
18歳以上
2級:
3級資格認定登録者
1級:
2級資格認定登録者
試験内容
3級:
マークシート方式
・デザイン、アート
・経済、経営
・文化
・科学

2級

1次試験:
マークシート方式
・レストランプロデュース
・食の商品開発
・ホスピタリティ&ライフサポート
・食のイベント・メディア
2次試験:
記述式
(専門分野別に資格認定)
・レストランプロデュース
・食の商品開発
・食のイベント・メディア

1級

1次試験:
書類審査
2次試験:
面接・プレゼンテーション
合格率 76.7%(3級)
願書受付期間 各級年1回
試験日程 各級年1回
受験地
3級:
東京・横浜・名古屋・大阪・福岡

2級

1次試験:
東京・大阪・名古屋・福岡
2次試験:
東京・大阪

1級

1次試験:
書類審査(郵送)
2次試験:
東京
受験料
3級:
10000円

2級

1次試験:
10000円
2次試験:
14000円

1級

1次試験:
10000円
2次試験:
15000円
合格発表日 試験日から約3週間後
受験申込・問合せ NPO法人 日本フードコーディネーター協会
〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-21 飯田橋ISビル4・5F
電話番号:03-5805-1981 FAX:03-5805-1982
営業時間:月~金:10:00~17:00
ホームページ 資格認定試験/協会認定校|特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
http://www.fcaj.or.jp/exam/