ファッション販売能力検定 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 服飾 » ファッション販売能力検定

ファッション販売能力検定

ファッション業界の最前線で活躍しているのは、デザイナーやモデルではなく、ショップの販売員たちでしょう。目まぐるしく変わりゆく流行や千差万別な個人の好みに対応せねばならないファッション販売の現場は、きわめて専門的な知識が要求されます。ファッション販売能力検定は、そうしたファッション販売の世界で活躍できる人材を育成するための民間検定。基本レベルの2級と3級、より高度な応用レベルの1級とが用意されています

資格詳細
ファッション業界で十分なビジネスができるよう、実務に必要なスキルや知識を身につけることを目的とした資格です。基礎基本となる販売技術から、上級者向けの熟練したセールス方法、マネジメント能力を習得するとことが可能です。また、接客サービスを中心とするファッション業界でのマナーはもちろん、人気商品やデザインを選定するセンス、お客様が求めるニーズ、戦略的な店舗経営を行うためのノウハウを学ぶことができます。ファッション業界における店舗スタッフ、マネージャー、販売戦略を立てるバイヤー、製作を手がけるデザイナーを目指す人にとって大きなメリットとなるでしょう。洋服に関する幅広い知識を身につけ、プロフェッショナルとして活躍したい人にオススメの検定です。

活躍場所
主にアパレル業界でこの資格が活かされます。他にはファッション関連の専門学校といった教育期間でも活躍することができます。また、洋服の仕入れや管理、開発となると海外での活躍も期待できます。ワールドワイドを視野に展開しているブランドであれば、国内に限らず、世界各地でこの資格を活かすことができるでしょう。ファッションの基礎基本を全般に学べる当資格なら、ファッションアドバイザーやライターとしてフリーで活躍することもできます。

収入と将来性
ファッション業界は労働環境と収入が見合わないと懸念されがちですが、この資格を取得し、知識と経験を身に付けることによって、高い収入と自由な時間を得ることができます。また、当資格を取得したプロフェッショナルのファッションアドバイザーや経営者は、雑誌やテレビなどのメディアでも取り上げられ副収入を得たりすることもあります。将来独自のブランドを立ち上げると、販売能力に限らず経営としての知識も必要となるので、資格を持っているのと持っていないのとでは大きな差が出るでしょう。

向いている人
このの資格に向いている人は、オシャレが好きな人やファッション関連の仕事に興味がある人、人と関わる接客業を得意とする人です。また、商品販売や在庫管理、納品、予算管理や育成と、接客業全般に関する知識を身につけることができるので、ファッション業界に限らず、販売能力や経営ノウハウを向上させたい人にも向いているといえます。基本、アパレル関連やデザイナーなどのクリエイティブなことに興味を持つ人に向いているでしょう。

取得方法
当資格は3級・2級・1級と段階に分かれています。3級・2級は販売者向け、1級は店舗経営や育成などのマネジメント向けとなっています。受験資格に制限は設けられておらず、どの級からでも受けられるのが基本ですが、1級は3級・2級の応用となっています。ですから、資格を取得する際はいきなり1級から受けるのではなく、3級・2級を取得してから受けるのが望ましいです。当資格を取得するために専門学校に通う人もいれば、独学で取得される人もいます。資格取得者から直接学ぶのが一番の近道ではありますが、参考書を使って勉強することもできます。また、実際に現場で働くという実践で勉強する方法も効果的です。店舗を経営されている上司、同僚の販売方法やマネジメントを見て学ぶのもいいでしょう。



ファッション販売能力検定資格の難易度偏差値

1級 2級 3級
偏差値47 偏差値41 偏差値0
簡単
簡単
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ファッション販売能力検定○級 合格
所轄・主催:
一般財団法人日本ファッション教育振興協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

ファッション販売能力検定資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

ファッション販売能力検定試験概要

受験資格 不問
試験内容
1級:
記述式および選択式
ショップ・マネジメント知識
・ファッション産業と小売業の知識
・ショップ・マネジメント、店舗開発
・情報マネジメント
・経営・計数知識
・リーダーシップ、マネジャーの職務
・本部業務の理解
・ショップの人事管理
 など
販売知識
・マーケティング、ブランディング
・マーチャンダイジング
・プロモーション計画、VMD
・商品・素材に関連する知識
・売り場管理・事務
 など
販売技術
・顧客サービス
・顧客心理の理解とコミュニケーション
・接客技術
・コンサルティングセールス
・クレーム対応・処理
・顧客管理と販売促進
・ウェアリング・コーディネーション
 など

2級・3級:
マークシート方式
A科目
・ファッション販売知識
・ファッション・マーケティング知識
・ファッション販売業務
B科目
・ファッション販売技術
・店舗演出・VP展開
・ファッション商品知識
合格率 約70%(3級)
願書受付期間
1級:
12月上旬~1月中旬
2級・3級:
5月上旬~6月上旬・9月下旬~10月下旬
試験日程
1級:
1月下旬
2級・3級:
7月中旬・12月中旬
受験地
1級:
東京
2級・3級:
日本ファッション教育振興協会が設定する試験会場および教育機関(専門学校・大学など)
受験料
1級:
12000円
2級:
6000円
3級:
5500円
合格発表日 試験終了後
受験申込・問合せ 一般財団法人 ファッション教育振興協会 協会事務局
〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-14-3 紫苑学生会館内
TEL:03-6300-0263 FAX:03-6383-4018
ホームページ 一般財団法人日本ファッション教育振興協会 | ファッション販売能力検定
http://www.fashion-edu.jp/sh/sh.html