ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 金融 » ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)

職業能力開発促進法の改正により、平成14年に登場したファイナンシャル・プランニング技能士。お客様それぞれの人生設計に合った資産運用などの助言をおこなうのが、おもな仕事内容です。資格試験の前には、養成研修が実施されるので、ぜひ参加しておきたいところ。なお1級に合格すると、厚生労働大臣から合格証書が与えられます。

資格詳細
ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)は、資産設計のアドバイザーである「ファイナンシャル・プランナー(FP)」の技能を認定する国家資格です。FPは、顧客の人生設計にもとづき、その収支状況や資産、貯蓄、保険、税制、相続関係などから、総合的かつ多角的に資産運用のプランを立案します。この国家資格のほか、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認定する民間資格(AFPとCFP)もあり、両者は密接に関係しています。

活躍場所
ファイナンシャル・プランニング技能士は、保険や証券、銀行などの金融業界をはじめ、不動産会社や税務会計事務所などで活躍しています。FPの知識が求められる場面は非常に多いため、さまざまな業界に活躍の場があるのが特徴です。FPの使命は「ファイナンス」(金融)によって顧客の人生をより豊かに快適にすることです。そのために、顧客の資産状況をつぶさに調査し、金融に関する知識を総動員して最適な資産運用をアドバイスします。その過程で税理士や公認会計士などの専門家たちと連携することもあります。

収入と将来性
アメリカなどと異なり、日本ではあまり複雑な資産運用は好まれず、銀行にお金をあずけるくらいの単純なプランが主流でしたが、長い不況期を経て、より多様かつ効率的な資産設計が求められるようになりました。そうして複雑な資産設計を実現するために、専門家であるファイナンシャル・プランナーの需要は大いに高まっています。景気が上向いてもこの傾向は継続すると見られていますので、将来性についても申し分ないと言ってよいでしょう。

向いている人
金融全般について関心があり、その興味を人の役に立てたいと考えている人に向いています。ファイナンシャル・プランニングという仕事は、顧客個人とその家族の未来に深く関わります。家族構成から収入、子どもの進学先などなど、膨大な個人情報を取り扱うとともに、他人の人生に踏み込むことになりますので、信頼関係がなにより大切です。まじめで誠実、そして責任感の強い人でなければ、担い手となることができない職業です。

取得方法
ファイナンシャル・プランニング技能士は、FP技能検定に合格することで取得できる国家資格です。検定試験は、社団法人の金融財政事情研究会と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が実施しており、どちらの団体で受験してもかまいません。2003年からは、前者研究会の2級検定が後者協会のAFP資格審査試験を兼ねることになったので、2級に合格するとAFPの資格も得られるようになりました。実務経験を積みながら、AFPからCFPへの昇格、さらには1級FP技能士へとステップアップしてゆくのが一般的です。



ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)資格の難易度偏差値

1級 2級 3級
偏差値58 偏差値48 偏差値37
普通
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ○級ファイナンシャル・プランニング技能士試験 合格
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 専門的資格(良) 名称独占資格 ★★★★★ 独学 講習 通学 通信

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)試験概要

受験資格
1級

学科試験
(金財のみ)
・2級合格者でFP業務に1年以上の実務経験を有する者
・FP業務に5年以上の実務経験を有する者
・金融渉外技能審査2級の合格者で1年以上の実務経験を有する者
実技試験

・1級学科試験の合格者
・日本FP協会のCFP認定者
・日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者
・金財のFP養成コース修了者

2級

・3級の合格者
・FP業務に2年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
・金融渉外技能審査3級の合格者

3級

・FP業務に従事している者または従事しようとしている者

※「金財」は金融財政事情研究会の略
試験内容 1級
学科試験:
筆記(マークシート方式)金財のみ
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業承継
実技試験:
筆記(記述式)
・資産設計提案業務

2級
学科試験:
筆記(マークシート方式)
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業承継
実技試験:
筆記(記述式)
・資産設計提案業務

3級
学科試験:
筆記(マークシート方式)
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業承継
実技試験:
筆記(マークシート方式)
・資産設計提案業務

※「金財」は金融財政事情研究会の略
合格率 73.3%(金財3級学科)
願書受付期間
1級

金財(学科):
3月中旬~4月上旬・7月・11月中旬~12月上旬
金財(実技):
3月下旬~4月中旬・11月中旬~12月上旬
日FP(実技):
7月中旬~8月上旬

2級

3月中旬~4月上旬・7月上旬~下旬・11月中旬~12月上旬

3級

3月中旬~4月上旬・7月上旬~下旬・11月中旬~12月上旬

※「金財」は金融財政事情研究会、「日FP」は日本FP協会の略
試験日程
1級

金財(学科):
5月下旬・9月上旬・1月下旬
金財(実技):
5月下旬~6月上旬・1月下旬~2月上旬
日FP(実技):
9月上旬

2級

5月下旬・9月上旬・1月下旬

3級

5月下旬・9月上旬・1月下旬

※「金財」は金融財政事情研究会、「日FP」は日本FP協会の略
受験地 全国各地
受験料 1級
学科試験(金財のみ):
8900円
実技試験:
25000円(金財)
実技試験:
20000円(日本FP協会)

2級
学科試験:
4200円
実技試験:
4500円

3級
学科試験:
3000円
実技試験:
3000円

※「金財」は金融財政事情研究会の略
合格発表日
1級

金財(学科):
7月上旬・10月中旬・3月上旬
金財(実技):
7月下旬・3月下旬
日FP(実技):
11月上旬

2級

7月上旬・10月中旬・3月上旬

3級

7月上旬・10月中旬・3月上旬

※「金財」は金融財政事情研究会、「日FP」は日本FP協会の略
受験申込・問合せ
NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 試験業務部試験事務課

〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス5F
TEL 03-5403-9900(AM:9:00~PM5:30<土・日・祝日を除く>)
FAX 03-5403-9797

一般社団法人 金融財政事情研究会検定センター

〒160-8529 東京都新宿区荒木町2-3
TEL 03-3358-0771
FAX 03-3359-3343
ホームページ FPの試験情報 |日本FP協会
http://www.jafp.or.jp/examine/