ビルクリーニング技能士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 環境 » ビルクリーニング技能士

ビルクリーニング技能士

ビルの環境を快適にたもつビル清掃のスペシャリストになるために欠かせない試験がビルクリーニング技能検定です。合格者には厚生労働大臣から合格証があたえられ、国家資格を取得できます。ただし試験は年1回、実務経験が必要です。

資格詳細
ビルクリーニング技能士は、1982年5月から職業能力促進法に基づき、技能検定の職種にビルクリーニングが含まれるようになったことから、国家資格として認定されるようになりました。試験内容は学科試験と実技試験に分かれており、毎年一回実施されます。学科試験では、ビルクリーニングの作業についての知識が主な内容となります。そして実地試験では、ビルクリーニングに使用する専用の機器などの扱いが問われることから、一定の実務経験が必要となります。

活躍場所
ビルクリーニング技能士の資格を取得することで、オフィスビルやショッピングセンター、病院や介護施設や学校、各種イベントスペースや建築現場などでの清掃現場の監督としての仕事をすることができます。ビルの管理者との打ち合わせや相談、費用の見積もりの他、アルバイトやパートタイマーの管理業務が主な仕事内容です。現場作業自体は、アルバイトやパートタイマーの人でも充分可能ですが、ビルクリーニング技能士の資格取得者も実際に現場作業をすることもあります。

収入と将来性
ビルクリーニング技能士の収入は、比較的安定していると言えるでしょう。アルバイトやパートタイマーの場合、時給制や日給制がほとんどですが、資格取得者は社員として雇用されるため、資格手当などの各種手当を含む月給制が大半のようです。社員として勤務後、独立開業する人も少なくありません。ビルクリーニングの需要がある限りは、ビルクリーニング技能士の資格を持っていることで、清掃会社から現場作業員としてでなく、現場作業管理者として雇用される可能性があると言えるでしょう。

向いている人
ビルクリーニング技能士の資格に向いている人は、基本的に清掃のお仕事が苦にならないことが第一条件で、なおかつ業務に必要な一定の技術を習得できる人、習得するための努力ができる人ということになります。作業は日中が主となりますが、現場によっては早朝や深夜勤務の可能性もあるため、対応可能な人の方が良いかもしれません。

取得方法
ビルクリーニング技能士は学科試験と実務試験の2種類に分かれています。学科試験では、ビルクリーニングの作業方法や建築物の構造、安全衛生や関連する法規などの内容が問われます。過去問題をひたすら解くことが一番の勉強方法と言えるでしょう。実技試験では、床やガラスやカーペットなどを実際に清掃することになります。普段の作業の手順ではなく、決められた手順通りに行うことが求められるため、DVDなどの映像を参考にしつつ、その通りの手順になるように練習をすることが必要となります。



ビルクリーニング技能士資格の難易度偏差値

偏差値48
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ビルクリーニング技能検定 合格
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

ビルクリーニング技能士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 名称独占資格 ★★★★★ 独学 通学 通信

ビルクリーニング技能士試験概要

受験資格 ・職業訓練指導員免許(建築物衛生管理科)取得者
・短期課程の普通職業訓練修了後(建築物衛生管理科700時間以上)、実務経験2年以上
・実務経験のみ3年以上
試験内容
実技試験

作業試験

・ビルクリーニング作業
・作業の段取り
・床の清掃
・壁の清掃
・窓の清掃
・その他建築物の各部、付属設備および備品の清掃
・ビルクリーニング用機械および器具の点検、修理および調整
・課題1:床面洗浄
・課題2:ガラス面洗浄
・課題3:カーペット汚れ取り
ペーパーテスト

・清掃作業積算見積もり等

学科試験:
正誤法・択一式
・ビルクリーニング一般
 ・建築物の汚れの種類及び性質
 ・ビルクリーニングの対象となる建築物の各部位及び内装材料及び外装材の種類及び性質
・ビルクリーニング作業方法
 ・ビルクリーニング用機械及び器具の種類、構造及び使用方法、汚れの除去及び予防
 ・廃棄物の処理方法
・材料
 ・建築物の構造及び設備
 ・建築物の環境衛生
・建築物一般
 ・ビルクリーニングに使用する洗剤及び薬剤の種類、性質及び使用方法
 ・床維持剤の種類、性質及び使用方法
・電気
 ・電気用語
・関連法規
 ・建築物における衛生的環境の確保に関する法律(昭和45年法律第20号)関係法令及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律関係法令のうち、ビルクリーニングに関する部分
・安全衛生
 ・安全衛生に関する詳細な知識
合格率 56.70%
願書受付期間 9月上旬~下旬
試験日程
実技試験

12月上旬~2月中旬
※日時は実施地区および受験者ごとに異なる

学科試験・実技ペーパーテスト

2月上旬
受験地 北海道・宮城・東京・愛知・大阪・広島・香川・福岡
受験料
実技試験:
18700円
学科試験:
3700円
合格発表日 3月下旬
受験申込・問合せ 公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-12-5 ビルメンテナンス会館5F
TEL 03-3805-7560 FAX 03-3805-7561
ホームページ 全国ビルメンテナンス協会 資格 総合サイト
http://study.j-bma.or.jp/study/g/g1-10/