ハーブ検定 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 趣味 » ハーブ検定

ハーブ検定

ハーブは、よい香りがするだけでなく、心身をリフレッシュする健康効果があることでよく知られています。ハーブ検定は、そのハーブに関する知識をためすことができる民間の検定試験。1級と2級の両方に合格して、ハーブセラピスト認定試験に合格すれば、「ハーブセラピスト」へとステップアップすることも可能です。また、さらに「ハーブセラピーインストラクター」「ハーブセラピースペシャリスト」の上位資格が用意されています。

ハーブ検定資格の難易度偏差値

1級 2級
偏差値36 偏差値0
超簡単
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ハーブ検定○級 合格
所轄・主催:
日本ハーブセラピスト協会(JHTA)
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

ハーブ検定資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

ハーブ検定試験概要

受験資格 不問
試験内容
1級:
選択式と記述式、実技(試飲)
・2級検定試験内容
・ハーブの歴史
・ハーブティーのブレンド
・ハーブと環境
・茶などのし好飲料とブレンド
・2級検定のベーシックハーブのほか10種類
 ・ローズヒップス
 ・ローズ
 ・ローズマリー
 ・セージ
 ・タイム
 ・バジル
 ・オレンジフラワー
 ・マロー
 ・ダンディライオン
 ・チコリ

2級:
選択式と記述式、実技(試飲)
・ハーブの定義
・ハーブティーの利用法
・ハーブの栽培法
・ベーシックハーブ10種類
 ・ペパーミント
 ・スペアミント
 ・レモンバーム
 ・レモンピール
 ・レモングラス
 ・レモンヴァーベナ
 ・ジャーマン・カモマイル
 ・ローマン・カモマイル
 ・リンデン
 ・ローゼル
合格率 約70%(2級)
願書受付期間 ~1月上旬・~4月上旬・~7月中旬・~10月上旬
試験日程 1月下旬・4月下旬・7月下旬・10月下旬
受験地 札幌・仙台・新潟・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・宮崎
受験料 8640円
合格発表日 試験後、1カ月以内
受験申込・問合せ 日本ハーブセラピスト協会(JHTA)
〒163-1490 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー19階
TEL:03-3373-2378 FAX:03-5333-2307
(営業時間:10:00~18:00)
ホームページ ハーブ検定|日本ハーブセラピスト協会
http://www.herbtherapist.jp/