ティーインストラクター - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 食品 » ティーインストラクター

ティーインストラクター

ティーインストラクターは、正しい紅茶の知識と、おいしい紅茶のいれ方をおしえる講師を認定する民間資格です。日本紅茶協会が主催する養成研修に参加して、33単位を取得してのち、認定試験に合格することで「ジュニア」の資格を得ることができます。さらに上位の資格に「シニア」と「マスター」がありますが、いずれも実務経験が必要になります。

ティーインストラクター資格の難易度偏差値

マスター シニア ジュニア
偏差値47 偏差値42 偏差値37
簡単
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ティーインストラクター○○ 認定
所轄・主催:
日本紅茶協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

ティーインストラクター資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

ティーインストラクター試験概要

受験資格 養成研修期間中、毎週必ず参加できる者
試験内容 ティーインストラクター養成研修を修了して認定試験に合格することで「ジュニア」の資格を取得できる。

ジュニア

日本紅茶協会が定める規定の単位(年間33単位)を習得し、資格認定試験に合格した者

シニア

ジュニアの資格を取得した後、5ヶ年以上の実務経験と日本紅茶協会が定める受験資格(海外研修を含む)を有する者

マスター

シニアの資格を取得し、10年以上の実務経験を有し、その他基準をクリアし且つ日本紅茶協会の資格認定委員会で、その人格、識見、並びに実績が公正に認められた者

養成研修

・紅茶学
・講習会の手順
・ティーテイスティング
・紅茶製造

資格認定試験

・学科試験
・産地別紅茶判定試験
・正しい紅茶のいれ方・扱い方およびバリエーションの指導実務試験
合格率 88%(ジュニア)
願書受付期間 ~3月下旬
試験日程 4月~12月
受験地 東京
受験料 291600円
合格発表日 養成研修を修了して認定試験に合格後
受験申込・問合せ
ホームページ 日本紅茶協会
http://www.tea-a.gr.jp/