ダム水路主任技術者 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 電気 » ダム水路主任技術者

ダム水路主任技術者

ダム水路主任技術者は、水力発電所においてダムや導水路などの水力設備の工事や維持、運用に関わる保安・監督をになう国家資格です。社会の重要なインフラ設備である水力発電施設の安全確保や電力の安定供給を実現するために不可欠な技術者であり、業務独占の必置資格となっています。試験はなく、必要な実務経験(学歴により異なる)を満たした上で、各地方の産業保安監督部を通じて経済産業大臣に申請することで取得できます。

ダム水路主任技術者資格の難易度偏差値

1種 2種
偏差値0 偏差値0
判定不能
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 ダム水路主任技術者 取得
所轄・主催:
経済産業省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

ダム水路主任技術者資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 特になし 業務独占・必置資格 ★★★★ 特になし

ダム水路主任技術者試験概要

受験資格
1種

・大学の土木工学学科卒業後、5年以上の実務経験(高さ15m以上の発電用ダムに関わる経験3年以上を含む)
・大学卒業後、9年以上の実務経験(高さ15m以上の発電用ダムに関わる経験3年以上を含む)
・短大・高専の土木工学学科卒業後、6年以上の実務経験(高さ15m以上の発電用ダムに関わる経験4年以上を含む)
・短大・高専卒業後、10年以上の実務経験(高さ15m以上の発電用ダムに関わる経験4年以上を含む)
・高校の土木工学学科卒業後、10年以上の実務経験(高さ15m以上の発電用ダムに関わる経験5年以上を含む)
・高校卒業後、14年以上の実務経験(高さ15m以上の発電用ダムに関わる経験5年以上を含む)
・中学卒業後、20年以上の実務経験(高さ15m以上の発電用ダムに関わる経験10年以上を含む)
2種

・大学の土木工学学科卒業後、水力設備に関わる経験3年以上
・大学卒業後、5年以上の実務経験(水力設備に関わる経験3年以上を含む)
・短大・高専の土木工学学科卒業後、水力設備に関わる経験3年以上
・短大・高専卒業後、5年以上の実務経験(水力設備に関わる経験3年以上を含む)
・高校の土木工学学科卒業後、5年以上の実務経験(水力設備に関わる経験3年以上を含む)
・高校卒業後、7年以上の実務経験(水力設備に関わる経験3年以上を含む)
・中学卒業後、12年以上の実務経験(水力設備に関わる経験8年以上を含む)
試験内容 試験はなく、申請により学歴および実務経験に応じて認定
合格率 試験なし
願書受付期間 随時
試験日程 随時
受験地 試験なし
受験料 6600円
合格発表日 申請後
受験申込・問合せ 関東東北産業保安監督部電力安全課
〒330-9715 埼玉県さいたま市中央区新都心1-1さいたま新都心合同庁舎1号館
TEL:048-600-0385~0388 FAX:048-601-1301

ほか各地方の産業保安監督部電力安全課
ホームページ ダム水路主任技術者(METI/経済産業省)
http://www.meti.go.jp/information/license/c_text22.html