スポーツプログラマー - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 公的資格 » スポーツ » スポーツプログラマー

スポーツプログラマー

スポーツプログラマーは、スポーツ医学およびスポーツ科学の見地から適切な運動指導をおこなうスポーツライセンス。スポーツ指導者として充分な技術や知識、そして指導力を身につけていることが証明できる公的資格です。スポーツクラブなどでプロのトレーナーとして活躍することも、ボランティアとなって子どもやお年寄りを相手に地域の健康増進に貢献することもできます。資格は講習(共通科目と専門科目)によって取得します。

資格詳細
社会の高齢化とそれにともなう健康志向の高まりにより、スポーツは若い世代の娯楽のみならず、全世代的なムーブメントになりました。今やあらゆる街角で、ジョギングやウォーキングをする高齢者を見かけることができますし、ゲートボールなどよりもハードなスポーツを楽しむお年寄りも増えています。一方で、年齢や体力に合わせた無理のない運動計画の必要性も高まっています。その社会的な要求にこたえるのが、スポーツ科学およびスポーツ医学の専門知識を持ち、適切な運動プログラムを組み立てることができるスポーツプログラマーです。

活躍場所
スポーツプログラマーの活躍する場所は、地域のスポーツクラブや公共スポーツ施設などです。それら施設の指導員として、体力測定の指導や体力に関する悩み相談、トレーニング方法に関する理論的な助言などをおこないます。相談者の年齢や性別、健康状態、スポーツに割ける時間などをよく考慮し、その人に最適な運動計画を立案するのが重要な任務です。また、スポーツ教室に勤務したり、みずからスクールを開いたりして、プロとして活動している人もいます。

収入と将来性
地域のスポーツクラブや公共スポーツ施設などで指導をしているスポーツプログラマーは、ボランティア・スタッフであることが多くなっています。スポーツ教室やジムに就職し、プロとして働いている人もいますが、基本的に収入に直結するような資格ではないと考えてよいでしょう。しかし高齢化社会が進行するにつれ、スポーツプログラマーの社会的な存在意義は大きく高まっています。将来性については申し分のない資格です。

向いている人
スポーツが好きで、自分のスポーツ経験や知識を、ほかの人の健康のために役立てたいという人に向いています。豊富な知識を持っていたり、スポーツが得意であったりすれば、なおよいですが、人の相談に応じることが主な仕事ですので、それ以上にコミュニケーション能力が重要になります。人に接するのが好きで、相手の立場になって親身に話を聞くことができる人に向いていると言えるでしょう。また、自分のアドバイスが相手の健康を左右するのですから、特に高齢者に対しては強い責任感も必要です。

取得方法
スポーツプログラマーは、公益財団法人の日本体育協会が認定する公的資格です。資格を取得するためには、集合講習に参加して検定試験に合格せねばなりません。講習は他の資格との共通科目とスポーツプログラマー用の専門科目で構成されています。未履修の講習があった場合や、検定で不合格になった場合には、受講有効期限内であれば、修了済みの科目が免除された上で再チャレンジが可能ですので、ゆっくり時間をかけて取得を目指すことができます。



スポーツプログラマー資格の難易度偏差値

偏差値36
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 スポーツプログラマー 登録
所轄・主催:
公益財団法人日本体育協会 スポーツ指導者育成部
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

スポーツプログラマー資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
公的資格 特になし 特になし ★★ 特になし

スポーツプログラマー試験概要

受験資格 満20歳以上(受講年の4月1日現在)
試験内容 講習カリキュラム

共通科目I
(計35時間)
・文化としてのスポーツ
・指導者の役割I
・トレーニング論I
・スポーツ指導者に必要な医学的知識I
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興

共通科目II
(計35時間)
・社会の中のスポーツ
・スポーツと法
・スポーツの心理I
・スポーツ組織の運営と事業
・対象に合わせたスポーツ指導

専門科目
(計63時間)
・運動と健康
・フィットネス・エクササイズの理論と実際
・フィットネス・エクササイズと健康管理
・体力測定と評価
・フィットネスプログラムの実際
・スポーツ相談の実際
合格率 約98%
願書受付期間 4月下旬~6月中旬
試験日程
共通科目:
8月上旬(3日間)
専門科目:
9月中旬~下旬(4日間・5日間)
受験地 東京・大阪
受験料
共通科目:
21600円
専門科目:
54000円
※資格登録料20000円(4年間有効)
合格発表日 講習修了後
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本体育協会 スポーツ指導者育成部
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館2階
TEL:03-3481-2226
ホームページ スポーツプログラマー - 資格をとりたい! - スポーツ指導者 - 日体協
http://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid/215/Default.aspx