スクーバダイビング・インストラクター - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » スポーツ » スクーバダイビング・インストラクター

スクーバダイビング・インストラクター

魚のように自由に海中を散策できるスクーバダイビングは、世界的に人気のマリンホビー。しかし安全に楽しむためには、装備の使い方や海に関する知識など、多くの勉強が必要です。スクーバダイビング・インストラクターは、人びとにダイビングを教えるための指導者資格。PADIジャパンの場合、ダイブマスターの資格を取得後、インストラクター開発コースを修了し、インストラクター試験に合格することで資格を取ることができます。

資格詳細
「SCUBA」と呼ばれる特殊な器具を装備して潜水するスクーバダイビング(スキューバダイビング)は、水中深く長時間にわたり潜り続けられることから、海の世界を散策するのに最高の手段として多くの愛好者がいます。しかし専門知識や技術がなければ生命に関わるので、独学でスクーバを始める人はほとんどおらず、普通はインストラクターのお世話になります。スクーバダイビングの指導者資格は、ダイビング団体ごとに認定試験が用意されていますが、大手の団体「PADI」の認定する資格が代表的です。

活躍場所
スクーバダイビング・インストラクターは、主にダイビングショップに勤務し、販売業務をおこなうかたわら、インストラクター業務を兼任するというスタイルが一般的です。ショップが運営するスクールにて、生徒にダイビングを基礎から指導したり、お客さんを集めてダイビングツアーを企画、開催したりします。ダイビングには少なからず危険がともなうため、スクールの生徒やツアーの参加者が安全に楽しめるようつとめることが、インストラクターの第一の使命となります。

収入と将来性
毎日のように海に潜るというインストラクターは、日本ではあまり多くありません。基本的にはダイビングショップの店員として勤務している人が多く、そのほうが収入が安定します。スクーバダイビング自体は季節を問いませんが、やはりシーズンごとに人出の差があります。ショップで経験を積んでのち、独立して自分の店を持てば、高収入も期待できます。将来性に関しては、スクーバダイビングは日本にすっかり定着しており、人気も安定していますので、さほど心配はないでしょう。

向いている人
スクーバダイビング・インストラクターは、趣味と仕事を兼ねることができる理想的な職業のひとつです。スクーバダイビングが好きで、その趣味を実益に活かしたいという人に向いています。充分な潜水経験と豊富な知識があればなお適格でしょう。海中では常に事故や怪我の危険性がともなうので、強い責任感の持ち主である必要もあります。ショップ経営まで考えているならば、ダイビングの腕前だけでなく、商才も求められるでしょう。年を取っても続けたい場合には、体力の維持も欠かせません。

取得方法
6割のシェアを占めるダイビング団体「PADI」では、インストラクターの資格認定をおこなっています。指導者資格を目指すには、スクーバ初心者の場合、まずオープン・ウォーター・ダイバー・コースの認定証(Cカード)を取得します。その後、アドバンスド、レスキューへとステップアップしてゆき、ダイブマスターの資格を取れば、ダイバーとして充分な技能をそなえたことになります。その上で、インストラクター開発コースを受講し、インストラクター試験に合格することで、指導者になる資格を得ることができます。なお、業務として潜水をおこなうには、潜水士の国家資格も必要です。



スクーバダイビング・インストラクター資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 スクーバダイビング・インストラクター 取得
所轄・主催:
株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

スクーバダイビング・インストラクター資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

スクーバダイビング・インストラクター試験概要

受験資格
インストラクター開発コース(IDC)

・18歳以上でPADIダイブマスター認定後、6カ月以上かつ60本以上のダイブ経験を持つ者
・過去24カ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けている者

PADIインストラクター試験(IE)

・ダイバー認定後、6カ月以上かつ100本以上のダイブ経験を持つ者
・過去1年以内にIDCを修了した者
試験内容
インストラクター開発コース(IDC)
(7日間)
・PADIアシスタント・インストラクター
 ・規準エグザム
 ・カリキュラム・プレゼンテーション
 ・知識開発プレゼンテーション
 ・4つのEカウンセリング・ワークショップ
 ・ダイブ・スキル評価
 ・限定水域プレゼンテーション
 ・オープンウォーター講習プレゼンテーション
 ・レスキュー練習ワークショップ
 ・PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価
・PADI OWSIプログラム
 ・規準エグザム
 ・カリキュラム・プレゼンテーション
 ・知識開発プレゼンテーション
 ・4つのEカウンセリング・ワークショップ
 ・ダイブ・スキル評価
 ・限定水域プレゼンテーション
 ・オープンウォーター講習プレゼンテーション
 ・ディスカバー・スクーバ・ダイビング・ワークショップ
 ・アドベンチャー・ダイブ・ワークショップ
 ・レスキュー練習ワークショップ
 ・マスク、スノーケル、フィンを使って、顔をつけたまま800メートルをノンストップで泳ぐ

PADIインストラクター試験(IE)
(2日間)
・筆記試験
 ・5つの理論エグザム
 ・PADIシステム・規準・手続きエグザム
・知識開発プレゼンテーション
・限定水域
 ・限定水域プレゼンテーション
 ・5種類のスクーバ・スキル
・オープン・ウォーター
 ・オープン・ウォーター・プレゼンテーション
 ・レスキュー・デモンストレーション
合格率 約90%
願書受付期間
PADIインストラクター試験(IE)

試験開始日の2週間前まで
試験日程
PADIインストラクター試験(IE)

開催地により異なる(年30回程度)
受験地
PADIインストラクター試験(IE)

稲取・土肥・伊豆海洋公園・獅子浜・延岡・白崎・長崎・那覇・宜野湾・石垣島
受験料
PADIインストラクター試験(IE)

受験料:
81000円
(別途、施設使用料などがかかる)
合格発表日 PADIインストラクター試験(IE)後
受験申込・問合せ 株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-20-1
TEL:03-5721-1731 FAX:03-5721-1735
ホームページ PADI Japan(パディ・アジア・パシフィック・ジャパン) 公式サイト ~ダイビングを始める&楽しむあなたを応援します!~
http://www.padi.co.jp/