サッカー審判員 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » スポーツ » サッカー審判員

サッカー審判員

世界が熱狂するスポーツ、サッカー。ワールドカップのような大舞台では、しばしば審判員のジャッジも世界的な話題となるほどであり、その仕事の重責をうかがい知ることができます。日本サッカー協会および各都道府県のサッカー協会では、プレイヤーだけでなくサッカー審判員の育成にも力を入れており、1級~4級と女子1級の等級に分けて審判員を認定しています。上級は狭き門ですが、4級は講習のみで取得可能です。

サッカー審判員資格の難易度偏差値

1級 女子1級 2級 3級 4級
偏差値50 偏差値47 偏差値45 偏差値0 偏差値0
簡単
簡単
簡単
判定不能
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 サッカー審判員○級 登録
所轄・主催:
公益財団法人日本サッカー協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

サッカー審判員資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

サッカー審判員試験概要

受験資格
1級:
各地域サッカー協会の推薦を受けた者
女子1級:
2級取得後2年以上で実績を有する39歳以下の女性
2級:
3級取得者で一定の実績を有する者(要推薦)
3級:
4級取得者で一定の実績を有する者(19試合以上)
4級:
満12歳以上で心身ともに健康な者
試験内容
1級
(日本サッカー協会が認定)
JFAが主催するサッカー競技を担当することができる
・筆記テスト
・体力テスト
・実技テスト

女子1級
(日本サッカー協会が認定)
JFAが主催・管轄する女子サッカー競技、もしくは2種・3種・4種の試合を担当することができる
・筆記テスト
・体力テスト
・実技テスト

2級
(各都道府県サッカー協会が認定)
地域サッカー協会が主催する試合を担当することができる
・筆記テスト
・体力テスト
・実技テスト

3級
(各都道府県サッカー協会が認定)
都道府県サッカー協会が主催する試合を担当することができる
・筆記テスト
・体力テスト
・実技テスト

4級
(各都道府県サッカー協会が認定)
都道府県サッカー協会を構成する支部、地区/市区郡町村サッカー協会の参加の団体、連盟等が主催するサッカー競技の試合を担当することができる
・講習のみ
合格率 非公開
願書受付期間 年数回
試験日程 年数回
受験地 認定団体により異なる
受験料 登録料
1級:
20000円
女子1級:
12000円
2級:
5000円
3級:
3000円
4級:
2500円
合格発表日 認定講習および検定試験修了後
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本サッカー協会
〒113-8311 東京都文京区サッカー通り(本郷3丁目10番15号)JFAハウス
電話:03-3830-2004 FAX:03-3830-2005
ホームページ 審判 | JFA|公益財団法人日本サッカー協会
http://www.jfa.jp/referee/