コーヒー&ティーアドバイザー - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 食品 » コーヒー&ティーアドバイザー

コーヒー&ティーアドバイザー

自宅での食事中や食後、仕事の合間の息抜きに、お茶やコーヒーはよく親しまれている飲み物です。飲食業界の主力飲料としても不可欠なお茶(紅茶・日本茶・中国茶)とコーヒーについて、専門的な知識と提供ノウハウを持ち、消費者の期待にこたえられる人材を養成するために、「コーヒー&ティーアドバイザー」の民間資格があります。3カ月間の養成講座(通信)を受け、6回の課題提出を完了することで取得できます。

コーヒー&ティーアドバイザー資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 コーヒー&ティーアドバイザー 認定
所轄・主催:
日本レストランディレクトゥール協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

コーヒー&ティーアドバイザー資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

コーヒー&ティーアドバイザー試験概要

受験資格 満20歳以上
試験内容 通信講座を受講し3カ月間に6回の添削問題を提出することで資格を取得できる。

カリキュラム

・もてなしの基
 ・プロフェッショナルが持つべき能力や知識・技能
・食品・飲料の基礎知識
 ・食品・飲料の語源
 ・各商品の効果的な分類方法と商品特性
 ・発酵/食品・飲料の保存管理
・食品・飲料の文化
 ・食品・飲料の歴史
 ・世界各国の食文化
 ・接客サービスと日本文化
・テイスティング
・マネジメント
 ・セールスプロモ-ションの基本
・お茶
 ・起源、伝播、種類
・紅茶
 ・歴史と文化、年表、生産地の特徴、できるまで
 ・銘柄、グレード、流通形態、楽しみ方
 ・三大要素、成分、ハーブティー
・日本茶
 ・歴史、気候と風土、製法、製造工程
 ・分類、楽しみ方、成分
 ・茶菓子、茶道の心、緑茶の入れ方、道具
 ・緑茶と菓子のいただき方、緑茶の購入
・中国茶
 ・歴史、分類、産地と特徴、製法、保存
 ・茶葉について、淹れ方、飲茶
・コーヒー
 ・歴史、栽培、生産地の特徴
 ・ブレンド、抽出、楽しみ方、成分
 ・コーヒー豆について、流通経路と品質表示
・飲料の温冷効果

通信コースプログラム

・食品、飲料の基礎知識
・お茶の起源、伝播、種類及び、紅茶
・日本茶&中国茶1
・中国茶2&コーヒー
・紅茶&日本茶の淹れ方、楽しみ方の基礎知識及び、各種テイスティングと活用策定&セールスプロモーション策定
・紅茶&日本茶の淹れ方、楽しみ方の基礎知識及び、各種テイスティングと活用策定&セールスプロモーション策定
合格率 非公開
願書受付期間 随時
試験日程 申込みの翌月から3カ月
受験地 自宅(通信講座)
受験料 61600円
※合格後、認定登録料25000円、入会金19000円、年会費15000円が必要
合格発表日 すべての添削問題を提出することで合格
受験申込・問合せ 日本レストランディレクトゥール協会(ADRJ)
〒114-0004 東京都北区堀船2-19-19-2F
TEL:03-3912-2194 FAX:03-5390-0339
ホームページ 日本レストランディレクトゥール協会(ADRJ) | コーヒー&ティーアドバイザー認定
http://www.adrj-w.com/