クレーン・デリック運転士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 自動車・車両 » クレーン・デリック運転士

クレーン・デリック運転士

クレーンおよびデリックの操作には、クレーン・デリック運転士の資格が必要です。クレーン運転士とデリック運転士の免許は以前は別個に取得していましたが、労働安全衛生法関係法令の改正にともない、平成18年4月からはクレーン・デリック運転士免許の「限定なし」に統合されました。クレーンのみの免許は「クレーン限定」となります。

資格詳細
クレーン・デリック運転士の資格は「限定なし」「クレーン限定」「床上運転式クレーン限定」と3つの資格に分かれています。「限定なし」の場合は、吊り上げ荷重5トン以上の全てのクレーン(天井クレーン、ジブクレーン、ガイデリック、橋形クレーン、ジンポール、スチフレッグデリックなど)とデリックを運転することができます。「クレーン限定」の場合はデリックは運転できませんがクレーンのみの運転が可能です。「床上運転式クレーン限定」は、床上運転式クレーンのみ運転できるという免許です。クレーンとデリックの両方の運転が必要な場合は「限定なし」の免許が必要となるわけです。

活躍場所
クレーンとデリックは違う機械です。まず、クレーンとは、荷物を吊り上げるために動力を使います。つまり、荷物を吊り上げることの多い建築現場や工場や倉庫などで主に活躍しています。一方デリックはブームやマストを持ち、別の位置に原動機を置いてワイヤーで操作します。そのため主に活躍する場所は建設現場となります。

収入と将来性
クレーン・デリック運転士になると収入が高くなることが期待できます。特に、「限定なし」のクレーン・デリック運転士の年収は、それぞれの年代の平均年収と比べても若干高めです。もっと年収を上げたい場合は、港などに設置されているガントリークレーンの資格を取得するとさらに年収が上がるでしょう。クレーンやデリックを必要とする仕事はたくさんあるのに対し、資格取得者が少ない傾向にあります。また、先ほどのガントリークレーンの資格を取得したり、運転できるクレーンの種類が多く経験が豊富になると年収はさらに上がり、定年まで仕事に困ることはないでしょう。

向いている人
クレーンやデリックの操縦は思っている以上に神経を使います。大きな荷物を運ぶだけではなく、ボルトを穴に入れるなど緻密な操作が必要ですし、周りに危険が及ばないか注意して作業しなくてはなりません。そのため、心身共に健全な状態で作業に当たらなくてはなりませんから自己管理がしっかりできる人や、失敗が許されない作業ですので責任感が強く精神的にも強い人が向いているでしょう。

取得方法
クレーン・デリック運転士の資格を取得するには学科試験と実技試験に合格しなければなりません。特に、実技試験に関しては独学で勉強することが難しいので全国各地に教習所や専門学校があります。クレーン・デリック運転士の資格を取得したいのであれば教習所や専門学校に通って取得する方法が一番の近道になるでしょう。



クレーン・デリック運転士資格の難易度偏差値

限定なし クレーン限定
偏差値46 偏差値47
簡単
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 クレーン・デリック運転士免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

クレーン・デリック運転士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 キャリアアップ(良) 業務独占資格 ★★★★★ 独学 講習

クレーン・デリック運転士試験概要

受験資格 不問
試験内容
限定なし

クレーンとデリックの両方を取り扱うことができる。
クレーン限定

クレーンのみを取り扱うことができる。
床上運転式クレーン限定

床上運転式クレーンのみを取り扱うことができる。

学科試験

・クレーンおよびデリックに関する知識
・関係法令
・原動機および電気に関する知識
・クレーンの運転のために必要な力学に関する知識

実技試験

・クレーンの運転
・クレーンの運転のための合図
合格率 61.2%(学科)
願書受付期間 試験日の2カ月~14日前
試験日程
限定なし・クレーン限定:
毎月
※試験会場により実施されない月がある

床上運転式クレーン限定:
4月・10月
受験地 全国7カ所の安全衛生技術センター
受験料
学科試験:
6800円
実技試験:
11100円
合格発表日 試験当日に告知
受験申込・問合せ 公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階
TEL 03-5275-1088
ホームページ 資格の紹介(クレーン・デリック運転士(限定なし)〔クレーン限定〕〔床上運転式クレーン限定〕)
http://www.exam.or.jp/exmn/H_shokai206.htm