インドネシア語技能検定試験 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 語学 » インドネシア語技能検定試験

インドネシア語技能検定試験

インドネシア語技能検定試験は、日本唯一のインドネシア語検定です。インドネシア共和国教育文化省言語育成振興局と提携しており、インドネシア語を学ぶ人の言語運用力を総合的に評価し、さらに技能を向上させることを目的としています。まだまだマイナーな外国語というイメージですが、合格者に単位を与える大学や、採用試験および語学力評価において優遇する企業も増えてきました。

インドネシア語技能検定試験資格の難易度偏差値

特A級 A級 B級 C級 D級 E級
偏差値69 偏差値66 偏差値60 偏差値55 偏差値50 偏差値45
難関
難関
普通
普通
簡単
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 インドネシア語技能検定試験○級 合格
所轄・主催:
日本インドネシア語検定協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

インドネシア語技能検定試験資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 就職や転職にやや有利 特になし ★★★★ 独学 通学

インドネシア語技能検定試験試験概要

受験資格 不問
※特A級はA級取得者のみ
試験内容
特A級

インドネシア語の通訳、翻訳者のプロとして通用するレベル。職場や社会生活に必要な高度なインドネシア語を理解し、使用できる。
一次試験:
筆記試験(記述式)・リスニング・ディクテーションと翻訳
二次試験:
面接

A級

一般の新聞記事、文献を読んで翻訳でき、業務文書を書いたり、一応の会議通訳ができる。職場や社会生活に必要なやや高度なインドネシア語を理解し、使用できる。
一次試験:
筆記試験(四者択一と記述式)・リスニング(四者択一)
二次試験:
面接

B級

平易な新聞記事、文献を読んで翻訳でき、平易な業務文書を書いたり、簡単な通訳ができる。職場や社会生活に必要なインドネシア語を理解し、使用できる。
一次試験:
筆記試験(四者択一と記述式)・リスニング(四者択一)
二次試験:
面接

C級

商品の取扱説明書、広告などを読み、日常生活について手紙を書いたり、一般的な日常会話ができる。日常生活に必要なインドネシア語を理解し、使用できる。
一次試験:
筆記試験(四者択一)・リスニング(四者択一)

D級

案内板、チケットなどを読み、買い物、道案内、伝言などの簡単な日常会話ができる。日常の身近なインドネシア語を理解し、使用できる。
一次試験:
筆記試験(四者択一)・リスニング(四者択一)

E級

看板や平易な手紙などを読み、挨拶、自己紹介、意思表示などの初歩的な日常会話ができる。初歩的なインドネシア語を理解し、使用できる。
一次試験:
筆記試験(四者択一)・リスニング(四者択一)
合格率 57%(D級)
願書受付期間
特A級

10~11月

A級・B級・C級・D級・E級

4~5月・10~11月
試験日程
特A級

一次試験:
1月
二次試験:
3月

A級・B級

一次試験:
7月・1月
二次試験:
9月・3月

C級・D級・E級

一次試験:
7月・1月
受験地 東京・大阪・名古屋・九州・ジャカルタ・バリ島
※二次試験は東京のみ
受験料 インターネット出願者および日本会場受検者
特A級:
18000円
A級:
9000円
B級:
8000円
C級:
5500円
D級:
4000円
E級:
3000円

インターネット出願者以外のインドネシア会場受検者
特A級:
US$260
A級:
US$130
B級:
US$115
C級:
US$80
D級:
US$60
E級:
US$45
合格発表日 特A級・A級・B級の一次試験結果通知およびC級・D級・E級の結果通知は、二次試験の二週間前までに発送。
二次試験の結果は試験終了後から約1カ月後までに発送。
合格者には合格証も送付。
受験申込・問合せ 日本インドネシア語検定協会
〒105-0004 東京都港区新橋6-4-8 M6ビル4F
TEL:03-3438-4790
受付時間 月~金 10:30-18:30 (土、日、祭日は休み)
ホームページ インドネシア語技能検定試験
http://www.i-kentei.com/