インテリアコーディネーター - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 建築・土木 » インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、資格を持つ人の約8割が女性で、合格者の多くが若者という、若い女性に大人気の資格です。試験に合格したあと、登録申請をおこなうことで資格を取得することができます。取得後は、そのまま独立開業する人もいますが、インテリア関係の企業に入って実務経験を積んでのち開業する人も少なくありません。

資格詳細
インテリアコーディネーターは、住宅の内装全般をトータルコーディネートするお仕事です。住居の居住性や機能性を考えながら、内装材からカーテンやカーペット、照明器具、家具などに至るまで、さまざまなインテリアを選定し、配置するのが基本的な役割です。顧客ごとにその予算や居住条件などに合わせてインテリアを構成し、より住みよい家へとコーディネートするために、建築に関する基礎的な知識はもちろん、建物の構成材の知識も必要になりますし、適切な見積もりを立てる能力も求められます。そしてもちろん、インテリア選びやレイアウトといった美的なセンスも問われます。

活躍場所
インテリアコーディネーターの多くは、住宅メーカーやリフォーム会社、家具およびインテリアのメーカー、販売店、デパートのインテリア売場、建築設計事務所などに勤務して、その専門知識を活用しています。接客の現場では、顧客と家具・インテリアのメーカーとのパイプ役を果たし、双方からの信頼を得ることで成功してゆきます。独立の道としては、リフォーム会社を開業するなどの方法があります。また、住宅関連の雑誌などのメディアで活躍する可能性もあり、編集者やライターとして活動する人もいます。およそ住宅関連分野ならどこにでも活躍の場があると言ってよいかもしれません。

収入と将来性
リフォームの需要が伸びている現在、インテリア全般に精通するインテリアコーディネーターは貴重な存在です。ただし、単に資格を持っているだけでは成功は難しく、なにかしら得意分野やプラス材料がないと、収入の増加も困難でしょう。たとえば、高齢化社会に合わせてバリアフリーな住環境に強いとか、建築に詳しくて図面を引くことさえできるとか、ほかにキッチンスペシャリストの資格を得ていて台所まわりに強い、といった特色がほしいところです。いずれにしても、顧客から「この人にお願いしたい」と名指しで相談を求められるほどの個人的な信用を得ることが、インテリアコーディネーターとして成功する条件です。

向いている人
子どものころにドールハウスのような玩具に夢中になったという女性には、まさに打ってつけのお仕事です。おもちゃとちがって、現実にはさまざまな解決すべき問題がありますが、好きであればやりがいのある仕事となるでしょう。ただし自分の趣味に走りすぎない自制心は必須です。インテリアは、顧客にとってかなり大きな買い物ですので、お客さんの話をじっくり聞いてあげられる人に向いています。そして常に新しいインテリア商品の情報を得ていなければならないので、新しいものに貪欲である必要もあります。

取得方法
インテリアコーディネーターの資格認定試験は、公益社団法人のインテリア産業協会が実施しています。合格率は4分の1程度と、かなりの難関であり、インテリア関係の仕事を経験したことがない人には難しい試験となっています。未経験者は、スクールや専門学校といった養成機関を利用するのがおすすめですが、短くても6カ月は勉強期間がいると見ておいてください。とはいえ、そうした学校では夜間部が用意されている場合もありますので、働きながらの通学も不可能ではありません。試験は1次と2次に分かれていますが、2次試験で不合格になった場合、次年度から3年間、1次試験が免除されます。また、2次試験の2科目のうち一方のみの合格に終わった場合も、3年間その科目が免除されます。このように、難関ではありますが、再チャレンジがしやすい資格試験でもあります。



インテリアコーディネーター資格の難易度偏差値

偏差値53
普通

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 インテリアコーディネーター試験 合格
平成○年○月○日 インテリアコーディネーター試験 登録
所轄・主催:
財団法人インテリア産業協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

インテリアコーディネーター資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 専門的資格(優) 特になし ★★★ 独学 講習 通学 通信 公式テキスト

インテリアコーディネーター試験概要

受験資格 不問
試験内容
1次試験

・インテリア商品と販売の基礎知識(100分)
 ・インテリア商品・部材
 ・インテリア販売
 ・インテリア情報
 ・コンサルティング
 ・積算・見積
 ・住環境
・インテリア計画と技術の基礎知識(100分)
 ・住宅構造
 ・インテリア構成材
 ・室内環境
 ・インテリア基礎
 ・インテリア計画
 ・表現技法
 ・関連法規

2次試験

・論文・プレゼンテーション試験(180分)
合格率 26.10%
願書受付期間 7月下旬~8月下旬
試験日程
1次試験:
10月中旬
2次試験:
12月上旬
受験地 札幌・盛岡・仙台・高崎・東京・名古屋・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄
受験料 14000円
1次試験のみ:
11000円
2次試験のみ:
11000円
合格発表日 2月中旬
受験申込・問合せ インテリアコーディネーター資格試験運営事務局
TEL:03-3233-6077(10:00~17:00 平日のみ)
ホームページ インテリアコーディネーター資格・キッチンスペシャリスト資格試験│公益社団法人インテリア産業協会
http://www.interior.or.jp/examination/