イベント業務管理士 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » ビジネス » イベント業務管理士

イベント業務管理士

近年のメディア状況の激変や、イベントにも環境問題を含む持続可能性が求められるようになった現在、イベント制作に関するプロフェッショナルな知識や技術を持つ人材の重要性が増しています。イベント業務管理士は、日本イベント産業振興協会が主催する認定試験に合格することで取得できる民間資格。プロ向けなので受検には実務経験が必要ですが、同協会は初心者向けに「イベント検定」も主催しています。

イベント業務管理士資格の難易度偏差値

1級 2級
偏差値43 偏差値39
簡単
超簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 イベント業務管理士資格試験 合格
平成○年○月○日 イベント業務管理士 登録
所轄・主催:
一般社団法人日本イベント産業振興協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

イベント業務管理士資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 キャリアアップ(良) 特になし ★★★★ 通学 通信

イベント業務管理士試験概要

受験資格
1級

満25歳以上でイベント業務に関する実務経験を5年以上有する2級登録者

2級

満23歳以上でイベント業務に関する実務経験を3年以上有する者
試験内容
1級

筆記試験:文章記述方式・小論文
・イベントの本質的理解
・イベントの形態別理解
・イベントの企画・制作
・イベントの運営
・イベントマネジメント

2級

筆記試験:マークシート方式
・イベントの本質的理解
・イベントの形態別理解
・イベントの企画・制作
・イベントの運営
・イベントマネジメント
合格率 71.80%
願書受付期間
1級:
12月中旬~1月下旬
2級:
9月上旬~11月上旬
試験日程
1級:
2月中旬
2級:
12月上旬
受験地
1級:
東京・大阪
2級:
札幌・東京・大阪・福岡
受験料
1級:
21600円
2級:
16200円
※合格後、登録料として1級は14040円、2級は10800円が必要
合格発表日
1級:
3月中旬
2級:
12月中旬
受験申込・問合せ 一般社団法人 日本イベント産業振興協会 人材育成本部
〒102-0082 東京都千代田区一番町13-7 一番町KGビル3F
TEL:03-3238-7858
ホームページ イベント業務管理士資格試験|一般社団法人 日本イベント産業振興協会
http://www.jace.or.jp/archives/0301/