アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT) - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » 動物 » アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)は、「動物衛生看護師」と訳される動物の看護師さん。動物病院などで、獣医師とともに動物の看護にあたるのが主なお仕事です。認定試験はNPOの日本動物衛生看護師協会が実施しており、筆記試験と実技試験、さらに面接試験で構成されています。国家資格である獣医師とちがって民間資格ですが、受験資格として規定年数以上の専門教育や実務経験が求められるプロフェッショナルな資格です。

資格詳細
犬や猫などのペットが病気にかかったり怪我を負ったりしたとき、お世話になるのが動物病院。そこに勤務するのは、獣医師だけでなく、そのサポートに活躍する動物看護師もいます。ペット医療に関する法整備があまり進んでいない現状では、獣医師は国家資格ですが、動物看護師はいくつかの団体が認定する民間資格しか存在しません。アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT、アハト、動物衛生看護師)は、それら民間資格のひとつ。1970年代にアメリカの大学で盛んになった「AHT養成コース」を起源とするライセンスです。

活躍場所
アニマル・ヘルス・テクニシャンの主な活躍場所はもちろん動物病院です。動物看護師として獣医師をサポートするのが基本的な仕事ですが、近年はさらに重要性が増しており、飼い主と獣医師のあいだでクッションのような役割を果たすことが期待されています。ゆえに飼い主に対する精神的なサポートも業務のうちです。ほかにも業務は多様化しており、受付を担当したり、ペットのグルーミングや訓練の技術も求められたりするケースがあります。

収入と将来性
ペットの健康に対する意識が高まるとともに、動物病院の社会的な重要性は増しています。病気や怪我の治療だけでなく、各種の予防接種や健康診断のために動物病院を訪ねる飼い主がとても多くなりました。そうしたなかで、獣医師の負担をやわらげる動物看護師の役割も非常に重要になっています。収入は病院や就業形態によりまちまちですが、今後ともその存在価値は高まってゆくと予想されますので、それと付随して収入面での継続的な底上げも期待できるでしょう。

向いている人
アニマル・ヘルス・テクニシャンは、第一に動物が好きでなければつとまりません。実際に犬や猫を飼っていた経験があり、動物たちの健康トラブルに接してきた人なら、なお適格でしょう。また、動物だけでなく飼い主である人間とのコミュニケーションも大切なスキルですので、人当たりのよい性格の人に向いています。動物医療に関する広範な知識が求められ、人間の医療と同様に日進月歩の世界ですので、勉強熱心である必要もあるでしょう。

取得方法
動物看護師の民間資格のひとつであるアニマル・ヘルス・テクニシャンは、NPO法人の日本動物衛生看護師協会が認定する資格で、正式な日本語名を「動物衛生看護師」と呼びます。認定試験を受けるには、動物看護に関する学歴や、実務経験が必要になりますので、だれでも受験できるわけでありません。しかし受験資格を満たしていれば、合格率はほぼ99%と、かなり取得しやすい資格となっています。専門学校などで勉強し、受験を目指すのがもっとも確実な方法でしょう。



アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)資格の難易度偏差値

偏差値0
判定不能

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 アニマル・ヘルス・テクニシャン 取得
所轄・主催:
NPO法人JAHTA日本動物衛生看護師協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)試験概要

受験資格 ・動物看護に関する3年以上の課程を有する専門学校、短期大学、大学を卒業した者
・動物看護に関する2年の課程を有する専門学校を卒業し、かつ2年以上の実務経験を有する者
・資格認定委員会が学習および実務において同等と認め、20歳に達した者
試験内容 筆記試験
・生命倫理と職業倫理
・動物と衛生に関する法規
・ヒトと動物の共通感染症・疾病の知識
・動物看護に関する知識と技能
・動物の特性・形態機能等に関する知識
・病院受付業務
・飼い主指導とアドバイス

実技試験

面接試験
合格率 99%程度
願書受付期間 10月下旬~11月中旬
試験日程
筆記試験:
1月中旬
面接試験:
2月中旬
受験地 各地の認定校
受験料 5000円
合格発表日 試験終了後
受験申込・問合せ NPO法人 JAHTA 日本動物衛生看護師協会
〒150-0046 東京都渋谷区松涛2-7-10-901
TEL:03-5454-2531 FAX:03-5454-2531
ホームページ AHT アニマル・ヘルス・テクニシャン(動物衛生看護師)|NPO法人 JAHTA 日本動物衛生看護師協会
http://jahta.or.jp/aht.html