アスレティックトレーナー - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 民間資格 » スポーツ » アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナー

アスレティックトレーナーとは、スポーツドクターやコーチと緊密に協力して、競技者の健康管理や怪我の予防および救急処置、アスレティックリハビリテーションやトレーニング、コンディショニングなどをおこなう技能者にあたえられる民間資格です。アスリートたちが最高のコンディションで競技にのぞむために、なくてはならない存在です。専門的かつ広範な知識が必要であるため、資格取得のための講習は長期にわたります。

アスレティックトレーナー資格の難易度偏差値

偏差値50
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 アスレティックトレーナー 認定
所轄・主催:
公益財団法人日本体育協会
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

アスレティックトレーナー資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
民間資格 特になし 特になし 特になし

アスレティックトレーナー試験概要

受験資格 受講年4月1日現在、満20歳以上の者で、日本体育協会の加盟団体または協会が特に認める国内統轄競技団体の推薦を受け、協会が認めた者
試験内容 自宅学習および集合講習を修了後、共通科目と専門科目に関する試験に合格することで取得できる。

カリキュラム
共通科目

・文化としてのスポーツ
・指導者の役割
・トレーニング論
・スポーツ指導者に必要な医学的知識
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興
・社会の中のスポーツ
・スポーツと法
・スポーツの心理
・スポーツ組織の運営と事業
・対象に合わせたスポーツ指導
・アスリートの栄養・食事
・身体のしくみと働き
・競技者育成のための指導法
専門科目

・アスレティックトレーナーの役割
・スポーツ科学
・運動器の解剖と機能
・スポーツ外傷・障害の基礎知識
・健康管理とスポーツ医学
・検査・測定と評価
・予防とコンディショニング
・アスレティックリハビリテーション
・救急処置
・スポーツと栄養
・現場実習
合格率 非公開
願書受付期間 3月上旬まで(要推薦)
試験日程 6月~翌々年3月
受験地
受験料
共通科目:
19440円
専門科目:
66960円
検定料:
32400円
※資格登録料として20000円(初回23000円)が必要
合格発表日 講習を修了後、試験に合格することで取得
受験申込・問合せ 公益財団法人 日本体育協会 スポーツ指導者育成部
〒150-8050 東京都渋谷区神南1-1-1
TEL:03-3481-2226
ホームページ 公益財団法人 日本体育協会 - 日体協
http://www.japan-sports.or.jp/