あん摩マッサージ指圧師 - 難易度・合格率・日程・正式名称 | 資格の取り方

スポンサーリンク

資格の取り方 » 国家資格 » 福祉 » あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、平成4年に厚生労働省の国家試験となった資格で、あん摩やマッサージ、指圧により、人の体内の血行をうながし、しこりをほぐして健康を促進する仕事です。試験は筆記のみですが、視覚障害者の場合、拡大文字や点字、録音テープおよび読み上げの併用などによる受験が可能です。

資格詳細
あん摩マッサージ指圧師とは、その名のとおり「あん摩」「マッサージ」「指圧」という3つの技能を認定する国家資格です。これらの施術に共通するのは、いわゆる「手技」であり、器具は基本的に使用せず、自分の手を使って肩こりや腰痛などを緩和します。あん摩さんと言えば視覚障害者の仕事というイメージがありましたが、現在、実際に有資格者における目の不自由な人の割合は2割ほどです。この資格のほかに「はり師」と「きゅう師」の国家資格をあわせ持つ人は、「鍼灸マッサージ師」や「三療師」と呼ばれます。

活躍場所
あん摩マッサージ指圧師の主な勤務先は、治療院や各種マッサージ店、スーパー銭湯などのリラクゼーション施設、エステサロンなどです。これらの施設に所属して、お客さんにマッサージをおこない、肩こりや腰痛などを解消または緩和します。来院する人を診るだけでなく、患者さんの自宅や宿泊先に訪問するケースもあります。病院の整形外科や理学療法科、リハビリテーション科などで活躍する人や、スポーツトレーナーとしてアスリートのケアに役立てている人もいます。

収入
あん摩マッサージ指圧師の収入は、年収300万~400万円ほどが相場と言われています。経験を積むことで地道に収入を上げてゆくタイプのお仕事ですが、勤務先によっては、お客さんからの指名によって収入がプラスされたりすることもあるようです。いずれにしても着実に技術を高め、信頼を得ることが重要になります。そうして経験を積んでのち、独立開業すれば、高収入も夢ではなくなります。

将来性
肩こりや腰痛が「現代病」と言われて久しいですが、IT化の進んだ現在ではパソコン作業の増加も影響して、日々のデスクワークでこれらの不調に悩まされている人は減少する様子がありません。マッサージの需要は高いまま維持されています。また、昨今は精神面を含む総合的なリラクゼーションへの関心が高まっており、伝統的な手技のエキスパートであるあん摩マッサージ指圧師の活躍の場はむしろ広がりつつあります。将来性については、爆発的なニーズの高まりは期待できないものの、特に心配はないと見てよいでしょう。

向いている人
あん摩マッサージ指圧師は、医師ではありませんが、国家資格になっていることからもわかるように、人の健康を左右する重大な仕事です。責任感の強い人でなければ、つとまらないでしょう。また、手技であるため、人の体に触れる仕事でもありますので、患者さんとの信頼関係が大事になります。誠実な人柄やコミュニケーション能力が求められます。そしてまた、力仕事でもあるので、体力も非常な重要な素質になります。

取得方法
あん摩マッサージ指圧師は、国家試験に合格することで取得できる国家資格です。試験を受けるためには、文部科学大臣の認定する学校または厚生労働大臣の認定する養成施設にて、3年以上、勉強する必要があります。試験は年1回(例年2月)おこなわれますが、視覚障害者と健常者とでは試験地が異なります。試験内容は筆記試験のみで、学校や養成施設でしっかり学んでいれば、さほど難しいレベルではありません。



あん摩マッサージ指圧師資格の難易度偏差値

偏差値41
簡単

履歴書に記載する場合の資格の正式名称

平成○年○月○日 あん摩マッサージ指圧師免許 取得
所轄・主催:
厚生労働省
※履歴書に資格を書く場合は略称ではなく必ず日付を入れて正式名称で書きます。
※資格の内容によって「取得」や「合格」など明記が変わりますのでご注意ください。
※民間資格などはあまり知られていない資格や似た名前の資格が他にある場合は資格名の前に主催団体を記載した方がよいです。
※正確な情報は資格の所轄団体にお問い合わせください。

あん摩マッサージ指圧師資格ガイド

資格種類 資格価値 資格タイプ お薦め度 お薦め取得方法
資格種類の画像 資格価値の画像 資格タイプの画像 お薦め度の画像 お薦め取得方法の画像
国家資格 独立開業にやや有利 業務独占資格 ★★★★★ 通学

あん摩マッサージ指圧師試験概要

受験資格 ・大学に入学することのできる者で、3年以上、文部科学大臣の認定した学校または厚生労働大臣の認定した養成施設で必要な知識および技能を修得した者
・著しい視覚障害者については、高等学校に入学することのできる者で、3年以上、上記の学校または養成施設で必要な知識及び技能を修得した者
試験内容 ・医療概論(医学史を除く)
・衛生学・公衆衛生学
・関係法規
・解剖学
・生理学
・病理学概論
・臨床医学総論
・臨床医学各論
・リハビリテーション医学
・東洋医学概論・経絡経穴概論
・あん摩マッサージ指圧理論
・東洋医学臨床論
合格率 86.3%
願書受付期間 12月上旬~下旬
試験日程 2月下旬
受験地 北海道・宮城・東京・新潟・愛知・大阪・広島・香川・福岡・鹿児島・沖縄

※視覚障害者向け会場は一部の件を除く各都道府県
受験料 11600円
合格発表日 3月下旬
受験申込・問合せ 公益財団法人 東洋療法研修試験財団
〒105-0012 東京都港区芝大門一丁目16番3号 芝大門116ビル6階
電話番号 03(3431)8771
FAX番号 03(3431)8772
ホームページ 国家試験の実施 - 東洋療法研修試験財団
http://www.ahaki.or.jp/examination/index.html